法定検査について


浄化槽管理者は県知事指定の検査機関による法定検査を受ける義務があります。BODを指標とする水質検査等によって公正に検査し毎年1回検査するもので浄化槽にとって健康診断のようなものです。静岡県内で法定検査が出来るのは、県知事が指定した(財)静岡県生活科学検査センター(TEL:054- 621-5030)1箇所のみなので、依頼して検査を受ける必要があります。(浄化槽の保守点検とは異なります)
法定検査に関しても御気軽に相談下さい。

法第7条検査(浄化槽設置後の水質に関する検査)
新たに設置または構造若しくは規模を変更した場合に、使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に実施するもので、当該浄化槽が所期の処理機能を有するか否かに着目し設置の状況を中心として行う検査。

法第11条検査(定期検査)
毎年1回、定期的に実施されるもので、当該浄化槽が、適正な維持管理により所期の処理機能が確保されているか否かに着目し、保守点検及び清掃の状況を中心として行う検査。