浄化槽の清掃


 浄化槽に流入してきた生活排水は浮上と沈殿の物理的な分離作用と微生物の生物作業によって処理されます。排水に含まれる汚物は浮くものと沈むもの、浮遊物(スカム)、固形物(堆積汚泥)に分かれて上下に分離されます。さらに微生物の働きにより排水に含まれる有機物を分解し水を浄化させます。つまり排水に含まれている汚物は浄化槽の中に貯まっていき綺麗な水だけが放流される仕組みになっています。
 浄化槽の容量は一定ですので、スカムや汚泥が過度に蓄積されると浄化槽の機能に支障をきたし、十分な処理がされなかった汚水が放流されてしまったり悪臭を発生させる原因となったりします。またろ材にも汚泥が付着し貯まっていくため、その重さでろ床がずれてしまうなど故障の原因にもなります。
 このようなことにならないために、スカムや堆積汚泥を槽外へ引き抜き、ろ材やばっ気槽の汚れも取り除くことが必要となるのです。清掃とは、このような作業のことをいいますが、浄化槽を適切に維持管理していく上で、とても重要な作業なのです。
 法律では年1回以上(全ばっ気方式は6ヶ月に1回以上)実施する事が義務付けられております。浄化槽の寿命を延ばす意味でも法令にそった頻度で清掃を行う事をお勧めします。


浄化槽の清掃業務(小山町)は弊社にお問合せください!