浄化槽とは


浄化槽とは生活排水を微生物の働きにより分解し浄化する施設です。
環境保護の観点から、屎尿のみを処理する旧構造基準の単独浄化槽は平成13年4月1日以降の新設が禁止されており、以降の浄化槽はトイレ・台所・風呂・洗濯などすべての生活排水を浄化する合併浄化槽と言われるものになっています。
 浄化槽の構造基準では、汚れの濃度(BDO濃度)の除去率90%以上、放流水のBDOは20mg/ℓ以下に定められており、公共下水道と同じレベルの小さな下水処理施設が各家庭にあるとお考え下さい。一般的に1日1人あたりの排水量は200ℓで、汚れの濃度(BDO濃度)は1 ℓあたり200mgとされています。これを汚れの量に直すと40gになります。合併浄化槽ではこの汚れの濃度を1/10まで下げ、汚れの量を4g以下まで減らしてくれます。
 昼夜休みなく働き続ける浄化槽ですが、微生物の働きによって浄化槽は成り立っています。微生物が働きやすい状況を常に保ち浄化槽の機能を充分発揮させるには正しい使い方と維持管理が必要になります。




使用者の義務


ご家庭で浄化槽を設置したとき、その浄化槽を使用する家族の代表者が浄化槽管理者となます。
法律では浄化槽管理者に3つの義務が課せられております。

・保守点検(浄化槽法第10条)
・清掃(浄化槽法第10条)
・法定検査(浄化槽法第7条及び第11条)

しかし法律で義務付けられていても、何をどうしてよいのか分からないとおっしゃる方がほとんどでしょう。
詳しくは「保守点検」「清掃業務」「法定検査」をお読みください。